社員Aのブログ

ガスも電気も 洲本ガス

2020年洲本ガス初午の神事

2/26(水)

2月21日(金)に毎年恒例、当社、初午の神事を執り行いました。

初午とは・・・

初午(はつうま)は、2月の最初の午の日。旧暦で1年のうち最初の(つまり1月の)午の日も初午には違いないが、通常は稲荷社の祭の日である2月の初午をいう。初午祭に初午詣(福詣)する参詣者が訪れ、これを雑節の一つとすることがある。

初午は、711年に京都の伏見稲荷大社に祀られている、五穀をつかさどる農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が、初午の日に伊奈利山(いなりやま・京都市東山連峰)へ降臨された日といわれています。降臨された日に「初午祭(はつうまさい)」が催され、伏見稲荷大社に「初午詣(はつうまもうで)」をするようになり、その後、農村では五穀豊穣を願うお祭りになり、街中では商家が商売繁盛を願うお祭りを行う日になりました。

今年も心を新たに・・・!

当社のお稲荷さんは、会社の設立からあるようです。

当社も今年で設立91年目です。

神事には、社長をはじめ、従業員も出席!

今年も、天気も良く気持ちのいい天気、

毎年寒いですが、今年は暖冬の影響で暖かい!

神事も無事に終えることが出来ました!

今年も、より安全にお客様の快適な生活が出来るように・・・!

従業員一同、力をあわせて、頑張って参ります!